システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

「映画」と「英語」にこだわる創業30年余の出版社です。名作映画シナリオシリーズは累計180タイトルになりました。

 

映画スターが英語の先生!

映画は生きた英語の宝庫です。名作映画シナリオ=スクリーンプレイ・シリーズは、映画会社またはシナリオライター等の著作権者と正規に出版契約を取り交わした上で、映画のセリフを完全に文字に起こし、英語に忠実な日本語対訳をつけたもので、語学学習のために考え抜かれたレイアウトを採用しております。全国でも珍しい映画を使った英語学習書籍です。

 

スクリーンプレイ・シリーズは英語学習書でありながら、解答を書き込む形式の学習書ではないため、図書館の蔵書としても最適です。さらに映画や俳優に関するコラムが充実しているので、読み物としても楽しめ、英語を勉強しながら映画文化・異文化の知識も得られます。これもまたスクリーンプレイ・シリーズが、一般的な学習書とは一線を画す特徴です。

 

スクリーンプレイ・シリーズは180タイトルを数えました(2017年8月現在)。話題作から不朽の名作まで、厳選されたラインナップで、老若男女を問わず幅広い層からご好評をいただいております。図書館総合展では現在発売中の全60タイトルの見本誌をお手にとってご覧いただけます。

スクリーンプレイ・シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『プラダを着た悪魔』『ローマの休日』『スタンド・バイ・ミー』『ノッティングヒルの恋人』

 

また、シナリオ・シリーズとは別に、様々な著者の執筆による各種解説書も多数展示しておりますので、ご来場の際はぜひ当社ブースに立ち寄り、ご覧ください。全国の公共図書館はもちろん、学校図書館の蔵書にもぜひご検討ください。

『映画の中の マザーグース』『英語でひもとく 風と共に去りぬ』『オードリーat Home』『サウンド・オブ・ミュージック・ストーリー』『AFIアメリカ映画の名セリフベスト100』

 

図書館総合展 2017

ブース番号

97

出展

  • 株式会社フォーイン スクリーンプレイ事業部

問い合わせ先

  • 小寺巴

webサイト

http://www.screenplay.jp