システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

現状分析と今後の展望

研究、学習のために必要なすべての文献をオンラインで入手できるわけではない。では、研究者や学生はどのように対応しているのか。図書館間文献複写が20年間で半減したという事実、海外では電子版のILLが当り前のよう行われているという事実などについて背景と現状を整理し、研究、学習のための資料共有の21世紀にあるべき姿を展望し、その実現を阻む要素を特定し、その克服を議論する。

・大学図書館間のILL(図書館間相互利用)サービス
・国立国会図書館の遠隔複写サービス
・民間のドキュメント・デリバリ・サービス
・“SCREAL 2014調査”(学術図書館研究委員会による)の結果
・海外学術出版社によるアーティクル・シェアリング
等、事例の報告、また今後の展望をめぐるパネル討論を行う。

 

●本フォーラムの動画記録はこちらから

2015年11月11日 (水)

13:00 - 14:30

第6会場

登壇者

申し込み・問い合せ先

webサイト

https://www.prkcps.com/tosho2015/yokohama/