システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

21世紀のグレート・ブックス・ルネサンス運動

はじめに問題提起をします。戦後70年の2015年、改めてロバート・ハッチンスとモーティマ・アドラーが核戦争根絶の世界平和実現に向けて、いかに大きな古典教養(グレート・ブックス:以下、GB)の革新を行ってきたかを再考します(松田)。最初の講演では1990年にアドラーの哲学研究所を訪ね、直接GB運動の理念と方法の指導を受けた報告をします(須賀)。2番目にアドラーのアドバイスを受けて、GBのセント・ジョンズ・カレッジのセミナー運営の実際を紹介します(江藤)。3番目にアドラーは全米の図書館ネットワークの学習社会GB運動を展開しましたが、このモデルは日本のインターネット時代の図書館運営に応用できると思います。また21世紀のGB運動の現在はアドラー&アクィナス研究所がインターネットで大学教育と協働プロジェクトを展開しています。そこでGB運動の課題と展望について語ります(犬塚)。

 

●展示会場 小間番号c-15 でブース展示もしております。ぜひお立ち寄り下さい。

2015年11月12日 (木)

10:00 - 11:30

第6会場

共催

  • 図書館総合展運営委員会

登壇者

  • パネリスト : 須賀由紀子 実践女子大学教授/森永エンゼル財団理事
  • パネリスト : 江藤裕之 東北大学大学院教授/森永エンゼル財団理事
  • パネリスト : 犬塚潤一郎 実践女子大学教授
  • コーディネーター : 松田義幸 尚美学園理事長/森永エンゼル財団理事

申し込み・問い合せ先

武井 浩一

greatbooks@angel-zaidan.org