システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

2016年4月1日から施行される、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」によって、国公立機関では差別の解消が義務化されることになっています。学校図書館も、勿論対応しなければなりません。児童生徒一人ひとりのニーズに応じ、施設・設備や運用等で所謂「合理的配慮」をしていくことが必要です。合理的配慮は、何も特別なことではありません。

セミナーでは、学校図書館としては、どのような対応が可能であるか。どのような配慮をしていくべきか等について、実例や実物を提示ながらハードの面を。データを元にしながらソフトの面を。といった両面から考察していきます。

※参加・資料費:1,000円/人

 

●展示会場 小間番号54 でブース展示もしております。ぜひお立ち寄り下さい。

2015年11月12日 (木)

13:00 - 17:00

第6会場

登壇者

申し込み・問い合せ先

研究部・調査部 竹村・磯部・井藤・米谷

takemura@j-sla.or.jp