システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

オープンサイエンスの動きは世界的に加速しており、日本でも内閣府による報告書に続く検討が進んでいます。オープンサイエンスを研究のワークフローに組み込むには多くの課題が存在し、研究機関、助成金団体、出版社など、研究を取り巻くステークホルダーが連動して一貫性のあるポリシーを打ち出すことが必要です。このセッションでは、オープンサイエンスの世界的な動向と出版社の役割、更にネイチャー・パブリッシング・グループが打ち出しているデータ、素材、手法に関する公開および共有ポリシーについてご紹介します。

対象者: 大学、研究機関、企業の図書館関係者、研究支援、推進の業務遂行者

2015年11月12日 (木)

13:00 - 14:30

第7会場

登壇者

  • 講師 : 堀内典明 ネイチャー・パブリッシング・グループ Nature Photonics アソシエート・エディター
  • 講師 : 松田栄治 ネイチャー・パブリッシング・グループ アジア・パシフィック地区 エディトリアル マネージャー
  • 講師 : 新谷洋子 ネイチャー・パブリッシング・グループ オープンリサーチ マーケティング マネージャー

申し込み・問い合せ先

マーケティング 小林 真紀

webサイト

https://www.natureasia.com/ja-jp/libraries/events/library-fair-2015