システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

─図書館の役割を探る─

2016年4月にスタートした『かかりつけ薬剤師』制度。その認定に際しては「薬剤師としての薬局での勤務経験」、「特定の研修等に参加し研修認定を取得すること」の他、「医療に係る地域活動の取り組みに参加」することが要件とされています。

本フォーラムでは、①『かかりつけ薬剤師』制度の概要と目的・効果について、②『かかりつけ薬剤師』制度により、これまでの市民(患者)と薬剤師の関係がどのように変わるのか、新しいサービス、情報提供、地域活動が何を生むのか、③医療・健康情報の収集・提供機関である図書館がこれまでの活動を踏まえ、『かかりつけ薬剤師』制度の中で果たすべき役割とは何かをお話いただきます。

この新しい制度のもと、薬剤師、地域の薬剤師会および図書館が実現可能な地域活動について検討し、図書館の新しい役割を探りたいと思います。

 

2016年11月08日 (火)

15:30 - 17:00

第3会場

登壇者

  • 講師 : 勝山佳菜子 厚生労働省医薬・生活衛生局総務課課長補佐
  • 講師 : 唯野貢司 日本薬学図書館協議会会長
  • 講師 : 平 紀子 日本薬学図書館協議会専務理事/NPO法人日本医学図書館協会理事/ヘルスサイエンス情報専門員
  • 司会 : 谷澤滋生 日本薬学図書館協議会理事/教育・研究委員会委員

申し込み・問い合せ先

webサイト

http://www.yakutokyo.jp/toshokanten