システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

広がる新しいサービスの可能性

いつでも、どこでも、簡単に、そしてより正確に図書館の資料を検索するために総合目録は欠かせません。公共図書館においては、都道府県立図書館における横断検索サービスや、国立国会図書館が運営する「ゆにかねっと」(NDLサーチ)など、集中型の総合目録や、横断型の総合目録を代替するサービスが多数提供されてきました。しかしながら、図書館システム業界の低い技術水準と図書館員の知識不足により、これまでの総合目録の歩みは極めて遅いものでした。総合目録の世界では大きなパラダイムシフトが始まりました。当面の技術的課題やコストの問題が解決された今、広がる新しいサービスの可能性や、今後公共図書館が押さえるべきトレンドについて、各界のキーパーソンを招き改めて議論します。
なお、フォームでの申込が難しい方は、メールにてお名前、お名前のヨミ、ご所属、メールアドレスをお送りください。

 

●カーリルが展示会場 小間番号35 で、また、同志社大学 図書館情報学コースが 小間番号C-13 で、それぞれブース展示もしております。ぜひお立ち寄り下さい。

2016年11月09日 (水)

10:00 - 11:30

第1会場

主催

ブース出展

有り

共催

  • 同志社大学 図書館情報学研究室

登壇者

申し込み・問い合せ先

株式会社カーリル ふじた

contact@calil.jp

webサイト

https://goo.gl/forms/Kde9hZ0DPSSKgen52