本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

図書館総合展ゲーム部フォーラム

近年、全国の公共図書館、学校図書館にて、「ゲーム」を体験するイベントが開かれている。このイベントでは、ボードゲーム、コンピュータゲーム、TRPG等が集められ、参加者がさまざまな「ゲーム」を体験している。最初期のイベントとしては、山梨県山中湖村の山中湖情報創造館にて、ALAが主唱する図書館でゲームをする日「International Games Day」の取組があった。(山中湖情報創造館ブログ

図書館とゲーム部では、第19回図書館総合展において、「「ゲーム」とは何か」についてブースを出展し図書館界に問いかけた。さまざまな意見を伺う中で、図書館サービスにおいてゲームをおこなう利点について以下が考えられた。

  • 「ゲーム」という文化の保存・継承・発展
  • 最新の技術知識や戦略性、論理性、対人スキル/ソーシャルスキルの学習・獲得
  • クリエイティビティの獲得(文章、物語構成、レイアウト、絵、彩色、キャラクタデザイン、ゲーム音楽など)
  • 年代、性別を超えたコミュニケーション

今回は、昨年度示した「ゲーム」を図書館サービスに組み入れている先進事例を報告し、その中での経験、利点、および課題について考えていきたい。

 

登壇者

高倉暁大氏(九州を拠点に公共図書館、学校図書館にてゲームイベントを主催)

オーレ・ベリー氏(山中湖情報創造館にてボードゲームイベントを主催。現在は日比谷図書文化館にてイベントを主催しつつ、(株)TRCの受託館のゲームイベントを支援)

長田由美氏(株式会社 図書館流通センター サポート事業推進室 西日本地区担当責任者。(株)TRC受託館でのゲームイベントを推進)

2018年10月30日 (火)

10:00 - 11:30

第8会場

登壇者

  • 講師 : 高倉暁大 ゲームソムリエ
  • 講師 : オーレ・ベリー 株式会社 図書館流通センター
  • 講師 : 長田由美 株式会社 図書館流通センター サポート事業推進室 西日本地区担当責任者
  • 司会コーディネーター : 日向良和 都留文科大学 准教授