システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

国立情報学研究所が運用する目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)は、1985年の開始から30年以上の長い歴史があり、参加機関は1,337に登る。一方、これからの学術情報システム構築検討委員会は、「これからの学術情報システムの在り方(2019)」(2019年2月15日付公開)を取りまとめ、現在の目録所在情報サービス機能を維持しつつ、電子情報資源への対応等、より豊かな機能を各機関が選択的に導入できるシステムの実現に向け、2022 年を目処とした進むべき方向性等を提示した。

本フォーラムでは、「在り方(2019)」のポイントについて解説を行う。また、国内外の図書館システムベンダーから、「在り方(2019)」を踏まえた未来像を紹介し、参加者との意見交換を行う。

2019年11月12日 (火)

15:30 - 17:00

第5会場

登壇者

  • 司会 : 片岡 真 国立情報学研究所学術基盤推進部
  • 講師 : 小山 憲司 中央大学文学部/これからの学術情報システム構築検討委員会
  • 講師 : 大野 繁治 株式会社紀伊國屋書店
  • 講師 : 古永 誠 EBSCO Information Services Japan株式会社
  • 講師 : 後東 玲子 Ex Libris
  • 講師 : 川瀬 圭祐 株式会社シー・エム・エス

申し込み・問い合せ先

国立情報学研究所 図書館総合展担当

webサイト

https://www.nii.ac.jp/event/other/libraryfair/

twitter

https://twitter.com/NII_Bit

https://twitter.com/jouhouken

facebook

https://www.facebook.com/jouhouken/