本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

◆アートミュージアム・アンヌアーレ2019フォーラム◆

登 壇 CoJ “工芸英訳ガイドライン” 整備事業チーム

 

2003年小泉内閣が「観光立国宣言」を行い、ここから観光客を迎えるための多言語化が日本各地ではじまりました。2014年国土交通省・観光庁発表の新基準では、「施設名・地名をただローマ字にした看板はOUT」、さらに「美術館・博物館は、内容まで解説を行うべき重点多言語化施設」に。多言語化担当者は予算の問題のみならず表記法の国の基準が不足で、日々悩みつつ多言語化を進めてきました。しかしながら『この30年日本を見てきたが、公的施設でも特に、美術・工芸ジャンルのあらゆる英語が酷いまま』といまも海外識者の指摘を受けています。一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン(CoJ)では、2017年より工芸英訳ガイドライン整備事業を推進中、世界の「アベンジャーズ」的トップランナーたちがぞくぞくと推進協力しています。現在までの成果報告と、みなさんが「こんなことに困った」事例を、今夏から秋にアンケートで集約、そこからの議論をもとに、参加型シンポジウムを行います。

▼アンケートダウンロードページ(9/10〜)https://thecreationofjapan.or.jp/project/translation

2019年11月14日 (木)

10:00 - 11:30

第8会場