システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

2017年、岩手県奥州市の国登録有形文化財(建造物)が5倍に急増?!古い建物を文化財登録して地域の観光産業に役立てるために、常勤職員(兼任)1名と非常勤職員(兼任)1名だけの小さな図書室が大奮闘。図書室の職員と利用者たちは一体どのように文化財登録を実現させたのか。その過程と登録申請のポイントを具体的に解説します。

 

※拡大して細かい字までみえるpdf版もどうぞ↓

宮沢賢治の小説にも登場する、かつての緯度観測所本館。内部を改装してしまったけれど、文化財登録できるの?
かつての臨時緯度観測所事務所。曳家(きひや)で移動したけれど、文化財登録は大丈夫?
科学史上とても貴重な眼視天頂儀室。一見ただの小屋だけど、文化財として評価されるのか?
こんなに小さくてぼろぼろの小屋が、国の有形登録文化財に?!所有者も驚きの結果が…。
PDF icon 05_2017.pdf

図書館総合展 2017

掲示番号

5

共同出展

お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所
国立天文台水沢図書室
一橋大学附属図書館研究開発室