システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

新たに公開した「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」を巡る取り組みとともに、システムの概要と今後の展望を紹介します

近年、学術情報のオープン化が推進されており、人文社会科学系学術情報の基盤としてのデジタルアーカイブの役割が注目されています。
こうした中、京都大学図書館機構は、オープンアクセス推進事業の一環として、2017年9月に「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」を構築し、20年近くにわたって蓄積された貴重資料画像データに加えて、近年のプロジェクトで新たに作成したデジタルデータを公開しました。
「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」は、デジタル画像相互運用のための国際規格IIIFに対応していますが、そのシステムについて、構成と構築の実際を紹介します。併せて、システムの特性を活かした公開のあり方を巡る展望を示します。

 

 

※拡大して細かい字までみえるpdf版もどうぞ↓

PDF icon 76_2017.pdf

図書館総合展 2017

掲示番号

76

出展団体

京都大学附属図書館

webサイト

http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/