システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

        学びのしくみを変える!

        ~学校図書館実践活動研究会の取組と提言~

 

 学校図書館実践活動研究会は、「学校図書館憲章」に基づき、

学校教育を支える学校図書館の在り方、学校図書館を活用する

子どもの学びについて実践的な研究を行い、その研究成果を子

どもの学びに関心のある個人や団体・機関に広く普及すること

を目的として設立された会です。

 学校図書館の発展には目覚ましいものがあり、子どもの豊か

な学びに大きな成果をあげています。しかし、その成果につい

ては、まだ学校教育や社会全体に広がっているとは言えません。

学校図書館は「本を読む部屋」という古い認識がまだ色濃く残

り、学校図書館を1年間に1回も授業に利用しない、利用して

も数回しかない学校もまだ多くあります。

このような現状から学びの仕組みを変え、子どもたちが豊か

な学びを享受できるようにしたいと、全国各地の学校図書館に

携わってきた教職員、子どもの教育に関わってきた方々が集ま

り、若い指導者や支援者を巻き込んで、これからの学びを変え

ていこうと意欲的に活動しています。

 このポスターでは、当会の活動の一端をご紹介します。子ど

もの学びに関心のある方は、是非お寄りください。

会員一同お待ちしています。

 

PDF icon 24_2018poster.pdf

図書館総合展 2018

掲示番号

24

出展団体

学校図書館実践活動研究会